監督・那須博之

映画「デビルマン」を作り出した人物とは!

世紀のダメ映画「デビルマン」を作り出した人物がどんな人なのか、気になりませんか?映画「デビルマン」の監督を務めたのは那須博之という人物です。「デビルマン」や「モー娘。走る!ピンチランナー」など、近年の作品を見ていると、どうしても評価が低くなってしまう監督なのですが、じつはあの大ヒットシリーズ「ビー・バップ・ハイスクール」を生み出した人物でもあるのです。ちなみに妻は脚本家で「デビルマン」の不可解なセリフを生み出したことでも知られる那須真知子です。

来歴

1952年1月27日生まれ。東京都出身。建設会社を営む父親の元に産まれました。東京都立西高等学校、東京大学経済学部卒業という華々しい経歴の持ち主です。大学在学中はワンダーフォーゲル部に所属し、山登りに熱中しました。そんな折に映画「仁義なき戦い」を見て強い衝撃を受け、アクション映画監督を志して日活に助監督として入社します。1982年に日活ロマンポルノ「ワイセツ家族 母と娘」で監督デビューを果たします。ポルノ畑で修行を積んだのち、1985年に念願の初アクション映画「ビー・バップ・ハイスクール」を手掛けます。これが大ヒットしたことで注目され、同シリーズを立て続けに成功させて一時代を築きました。また、同作品では仲村トオルをオーディションで見出し、デビューへと導きました。那須が監督を担当した作品のうち、「ビー・バップ・ハイスクール」以降はそのすべての脚本を妻の那須真知子が手掛けています。「デビルマン」においては、「シナリオライターの卵20人にシナリオを書かせたが、満足のいくシナリオが無かった」ため、真知子を起用したと語っています。これに対して作家の山本弘は「この際、『脚本は監督の奥さんに書かせたらあかん』という条項も付け加えるべきかもしれんな(笑)。」とシナリオの破綻を揶揄しています。歓声した作品は、製作費10億円に対して興行収入が5億円という事態を招き、更に文春きいちご賞と蛇いちご賞の第1回となる2004年度では最低映画賞を受賞したほか、最低監督賞も同時に受賞するという不名誉な結果を残しています。各所で酷評となった「デビルマン」でしたが、公開からわずか数か月後の2005年2月27日、那須は肝臓がんのため死去しました。53歳でした。同年には遺作となった「真説タイガーマスク」が発表されています。

主な監督作品

  • 1981年「女子大生 縛り・初体験」・・・生撮りビデオ
  • 1982年「縛り・金瓶梅」・・・生撮りビデオ
  • 1982年「ワイセツ家族 母と娘」・・・日活ロマンポルノ。監督デビュー作品。
  • 1983年「セーラー服 百合族」・・・女子高生のレズカップルが主役の作品。
  • 1983年「セーラー服 百合族2」・・「セーラー服 百合族」の続編。
  • 1984年「姉日記」
  • 1984年「ルージュ」
  • 1984年「ヴァージンなんか怖くない」
  • 1984年「美少女プロレス 失神10秒前」
  • 1985年「タブーX倒錯」
  • 1985年「ビー・バップ・ハイスクール」・・・同盟漫画を原作とした、ギャグとアクション満載の痛快青春映画。
  • 1986年「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」・・・シリーズ第2作目。愛徳高校と城東工業高校の抗争を描く。
  • 1986年「紳士同盟」・・・小林信彦の同名小説を映画化した作品。ただし、原作のモチーフと一部のキャラクターを借用した映画オリジナル・ストーリーとなっている。
  • 1987年「新宿純愛物語」・・・ビー・バップ・ハイスクール」で絶大な人気を得た仲村トオル主演のアクション映画。
  • 1987年「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲」・・・シリーズ第3弾。愛徳高校と無期停学組の抗争を描く。
  • 1987年「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎狂騒曲」・・・シリーズ第4弾。愛徳高校のトオルとヒロシが城東退学組の柴田・西と喧嘩する。
  • 1988年「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭」・・・シリーズ第5弾。愛徳高校と北高校の抗争を描く。
  • 1988年「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇」・・・シリーズ第6弾。愛徳高校と極東高校の抗争を描く。
  • 1989年「右曲りのダンディー」・・・末松正博による同名漫画を映画化した作品。主演は玉置浩二。
  • 1991年「代打教師 秋葉、真剣です!」・・・M.A.T作・早坂よしゆき画による漫画を基に映画化した作品。主演は吉田栄作。
  • 1996年「ろくでなしBLUES」・・・森田まさのりによる同名漫画を映画化した作品。
  • 1996年「地獄道霊界通信」・・・香月日輪による同名小説を映画化した作品。
  • 1998年「新・湘南爆走族 荒くれKNIGHT3」・・・吉田聡による漫画「荒くれKNIGHT」を映画化した作品。主演は押尾学。
  • 1998年「新・湘南爆走族 荒くれKNIGHT4」・・・吉田聡による漫画「荒くれKNIGHT」を映画化した作品。主演は押尾学。
  • 1998年「あばれブン屋」・・・新聞社を舞台にしたバイオレンスアクションものの漫画を映画化した作品。
  • 1999年「実録外伝 武闘派黒社会」
  • 2000年「ピンチランナー」・・・マラソンがメインテーマとなっているモーニング娘。主演の劇場映画。
  • 2004年「デビルマン」
  • 2005年「真説タイガーマスク」・・・哀川翔がタイガーマスクを追跡する記者を演じ、タイガーマスク役は船木誠勝が演じた。

監督・那須博之

永井豪の名作!「デビルマン」!

心療内科(名古屋)栄メンタルクリニックは心と身体両面のケアをし、メンタルヘルスのトータルな回復をめざします。又ご本人はもとより、ご家 族、上司、教育関係の方達への御相談 にも応じ、適切な助言をいたします。