永井豪と「デビルマン」

「デビルマン」が出来るまで

ギャグ漫画家・SF漫画家として不動の地位を物にしていた永井ですが、永井の更なる飛躍のきっかけが訪れます。それが、1972年に東映動画とNETにてアニメ化された代表作「デビルマン」でした。前年に発表した「魔王ダンテ」を基にした作品という依頼から作られたのが「デビルマン」でした。この作品では「神」が必ずしも「絶対善」ではないという着想が描かれていましたが、アニメ「デビルマン」は、悪魔と合体しながら苦悩しつつ人間であろうとする斬新な設定の主人公をベースに、ヒーロー作品としてリメイクすることを依頼され、企画したのだそうです。ただし、当時「魔王ダンテ」の掲載誌編集長であった内田勝の自著などによると、そもそもヒーローコミックとして位置づけられていたのだそうです。アニメと同時に漫画連載されたこの作品では、悪魔による侵略・種族の存続を賭けたヒーローの戦いを描くゴシックホラー調から、連載中期以降は人間同士の信頼感という常識がくずれていく展開へと移っていきます。同じ人間の手によるヒロイン殺害という、「ハレンチ学園」の時すら避けられていた衝撃的な結末をもって、後にSF漫画のスタンダードと数えられる作品となりました。以後、永井を中心としたダイナミックプロの企画陣は、投影映画とのタッグで本格的な操縦者搭乗型ロボット作品のパイオニア「マジンガーZ」、妖怪モチーフの「ドロロンえん魔くん」、戦うヒロインの草分け「キューティハニー」、初の合体ロボット作品「ゲッターロボ」などの作品群を生み出し、ヒットキャラクターメーカーとして1970年代を駆け抜けました。ことに「マジンガーZ」ではおもちゃメーカーバンダイと出会い、玩具ブランド「超合金」をはじめとした商品展開と、漫画・アニメ・グラフ記事など連動した講談社「テレビマガジン」の誌上企画として展開され、この分野の推進役としても重要な役割を果たしました。ここで毎回の企画記事を構成していたのが、ダイナミックプロとともにアニメ企画・版権管理会社として設立されたダイナミック企画でした。無敵の「超合金」や無尽蔵な夢の「光子力エネルギー」などは科学礼賛・成長幻想の産物ですが、漫画もアニメも作品自体はそれに冷や水を浴びせるかのような描写がたびたびなされ、その超人的なパワーを敵を倒すために使うか、自分の欲望のために使うかは主人公の自由という、本質的には正義も悪も奮うのは暴力という一貫したテーマが見て取れます。

デビルマンの続編「バイオレンスジャック」

永井とダイナミックプロのアニメが次々と放送される中、永井自身の漫画作品はむしろ、それとは全く違う展開をしていました。1973年には、後に掲載雑誌を変えながら2005年まで発表され続けている、地震で崩壊した世界が再生の道を探りながら混沌の暴力の渦中にある「バイオレンスジャック」や、それとは全く逆に個人の内面が現実世界に影響を与え、鬼の世界を出現させる「手天童子」などの伝奇SFを描きました。その間にギャグ漫画としても「オモライくん」の学園漫画版として始まりながら、エロチックなギャグと悪乗りで暴走した挙句「デビルマン」のような人類滅亡をまたも起こす「イヤハヤ南友」や、「顔を隠して体隠さず」とマスクとマフラー以外は全裸という常軌を逸した究極のヒロインが戦う「けっこう仮面」、男子生徒が女子として学園生活を送って騒ぎを起こす「おいら女蛮」など、常識をあっけらかんと覆す世界も展開しました。1979年には青年マンガ誌の誕生とともに、得意のエロチックギャグ作品「花平バズーカ」をいち早く連載します。少年誌では学園漫画という舞台で、初恋の相手がレイプという屈辱を受ける性表現の限界に挑みながら、一個人の内的世界が現実を破壊しつくしてしまうという超能力漫画「凄ノ王」を発表します。この「凄ノ王」により1980年に講談社漫画賞を受賞します。しかしこの作品は、主人公の怒りと悲しみが世界を破壊したところで唐突に終了します。永井はそれをあらかじめ決めていた流れと語りましたが、読者の間では必ずしもそう受け止めるばかりではなく、賛否両論でした。そのように読者の判断が賛否に分かれる例は、「デビルマン」とつながった「バイオレンスジャック」のラストや、講談社の企画主導で一種のパラレルワールドとして始まりながら、永井の悪魔モチーフ作品を大きく纏め上げた「デビルマンレディー」の展開でも繰り返され、自身のいうように「先を決めずに」連載しながらその後の展開を読者の反応とともに創っていく、永井の作風から生まれる特徴でした。

現在の永井豪

1997年には銀座にて「永井豪原画展」、続く1998年「永井豪と世紀末展」という企画展が催され、それまでの漫画家・アニメ企画者としての永井の業績が初めてまとまった形で再評価されました。またそれ以後、その卓抜したキャラクターを他作家の筆により展開させた「ネオデビルマン」(複数作家競作)、「AMON デビルマン黙示録」(衣谷遊)、「キューティハニー a GO GO!」(伊藤伸平・庵野秀明)、「マジンガーエンジェル」(新名昭彦)などのプロデュース作品も生まれています。特に「ダイナミックヒーローズ」(越智一裕)は1970年代の永井ヒーロー作品があえて東映動画のタッチで描かれるという試みがなされており、往年の作品の影響力を窺わせています。永井自身は21世紀に入って還暦を迎えても、少年誌から青年誌と広く作品を発表、それまでに描いてきたホラー調作品や、ギャグ漫画、ロボット作品などの他、「伊達政宗」「北条早雲」「前田利家」といった戦国時代に実在した人物の漫画化に挑むなど、活発な漫画家活動を続けています。2010年5月からは「週刊漫画ゴラク」にて「デビルマン」執筆時のエピソードを多少の脚色を込めて描く「激マン!」の連載を開始、一時の休載をはさみ、2012年に完結しました。基本的に永井は自画像をギャグタッチで描いており、自分自身をシリアスタッチの漫画に描くことには抵抗があったそうですが、編集部より「不動明のようなハンサムに描いてくれ」と言われて承諾したそうです。2012年3月10日には、のと鉄道のNT211号車に永井キャラクターが描かれたラッピング車両が運行を開始しました。この車両は3年間運行する予定です。

永井豪

永井豪の名作!「デビルマン」!

心療内科(名古屋)栄メンタルクリニックは心と身体両面のケアをし、メンタルヘルスのトータルな回復をめざします。又ご本人はもとより、ご家 族、上司、教育関係の方達への御相談 にも応じ、適切な助言をいたします。